結婚式のあとってみんな何をしているの?

新郎新婦の結婚式のあと

新郎新婦が結婚式のあとに行っていることは個人差が大きいようです。ドレスやスーツ姿で写真撮影を行ったり、結婚式の様子を動画撮影している場合はコメントの収録を行ったりするのがひとつの例です。式のあとに両家の親と話す時間を作って、つつがなく結婚式を済ませたことを語り合う場合もあります。また、2次会が設定されている場合はそこに向けて着替えなどを行いますが、結婚式の終了から2次会開催までは時間の余裕があるのが通例なので、あまり急ぐ必要はありません。新郎新婦によっては、新婚旅行にすぐに出発する場合があります。新婦は髪型やメイクの調整で少し忙しくなるかもしれませんが、前もってしっかりと準備しておけば問題ないのが通例です。

参列者の結婚式のあと

結婚式が終わると、参列者の多くは帰宅のために最寄り駅へ向かうのが通例です。2次会が設定されていて、出席する予定の人は結婚式場周辺の飲食店などに集まって2次会開始を待つのが一般的です。2次会の場所は結婚式場から少し離れている場合もありますが、時間に余裕があるのが通例なので移動を急ぐ必要はありません。結婚式に出席した親族は帰宅する例が多いのですが、親族で集まったのが久しぶりの場合は喫茶店などに立ち寄って、もうしばらく近況を話し合うこともあります。新郎新婦の親はそのほかの親族と同じ対応になりますが、遠方の(結婚式に来られなかった)親族に結婚式が無事に終わったことを伝えたり、結婚式場スタッフにお礼を述べたりするために時間を使う例があります。